Screenshot_20220107-133413-1.png

​風通る白樺と苔のチャペル

2つの個性が美しく融合した
サンクチュアリ(聖域)

2015年5月、世界中から注目を集める現代美術家 ジャン=ミシェル・オトニエル氏と日本を代表する建築家 隈研吾氏のコラボレーションで誕生した「風通る白樺と苔の森チャペル<教会>」。オトニエル氏が手掛けた、2つのハートがお互いを支えるように立っているオブジェ「こころの門」は、くぐることでふたりの結びつきが強くなるようにという願いが込められています。

0102_T11_6798.jpg

白樺に囲まれ、透明な光に
満たされたアートなチャペル

建物が持つ内と外を分けるという宿命をどこまで越えられるかに挑戦したという隈氏が創ったのは「開かれた寛容な場所」。360度ガラス張りにしたことで外から続く白樺と苔は、建物の中にまでつながり、見事なまでの一体感を演出しています。この2つの個性が美しく融合したサンクチュアリ(聖域)から、おふたりの物語が始まります。

風と光の祝福を浴びて

チャペル見学会フェア開催

ウエディング相談会と世界的建築家・隈研吾プロデュースのクリスタルなチャペル、
「風通る白樺と苔の森(チャペル)」の見学会を実施します。

見学ツアーは定休日以外毎日2回、11時半~15時~

より可能です。

​ご予約は不要ですが各回定員が10名となりますので、ご希望の方は早めにご来館お願い致します。

 

お問い合わせ...0267-46-8515

​※入場料はお一人様300円とさせて頂いております。

1_0067.jpg

旧軽井沢の森に佇む 石とガラスを組み合わせた

森のチャペル軽井沢礼拝堂。
”森のチャペル”はこちらからご覧頂けます

_dsc3828.jpg
_dsc3779_3 (1).jpg
_igp4228.jpg